コンテンツへスキップ
 

One Way Street Tokyoは、東京にあるアジアに特化した書店です。 アジアとの関わりにおいて重要な歴史的伝統を持つ国際都市に位置するOne Way Streetは、この精神を受け継ぎ、受け入れ、体現しています。 One Way Streetは、最も権威のあるアジア関連書籍の専門店を目指しています。文化的な偏見を取り除き、アジア文化の多様性と相互のつながりをより豊かに理解するための新しい可能性を育むことを使命として、日本語、英語、中国語、韓国語を含むアジアの歴史と文化に関連する多言語の書籍をユニークかつ包括的に提供しています。 One Way Streetは、単なる書店ではありません。作家、学者、アーティストなど、世界中から著名なスピーカーを招いて定期的にイベントを開催することで、One Way Streetは、国際的な文化交流、議論、討論を促進するユニークなスペースとなります。東京の文化生活に豊かで斬新なアクセントを加え、地元の人々や外国人観光客が必ず訪れる文化的なホットスポットとなることでしょう。 これらの文化イベントを通じて、One Way Streetは、アジア諸国の多様な思想やライフスタイルを知るユニークな窓となり、日本、中国、韓国、その他のアジア諸国間の民間文化対話の活性化と強化に重要な役割を果たすでしょう。  


今後のイベント予定

 

 


 

最近発表された記事

 

  • (中文) 浮世的喧嚣——画家 陈蜀个展
    申し訳ありません、このコンテンツはただ今 中文 のみです。 Author OWSAdmin View all … 続きを読む »(中文) 浮世的喧嚣——画家 陈蜀个展
  • (English) After Leaving
    (English) The article posted today was originally supposed to be included in One Way Street 16 New Beijinger. It is a collection of four small chronicles of Beijing by Wei Yi. Each set of chronicles starts with a landmark: Tianqiao, Huaqiao Building, Temple of Earth, and Zhongnanhai. They are not just landmarks, they carry the complex trajectories of people’s lives and the historical changes of Beijing, touching on the hidden illnesses and dark pains of the city, like the wind whistling over the cold night, leaving behind a few light or heavy sighs and emotions.